英語の発音教材「ネイティブスピーク」の効果・口コミ・使い方・中古品

ネイティブスピークってどんな英語教材なの?

従来の発音教材と言えば、テキストに口のイラストと
解説が書かれてるものや、ネイティブが発音している
DVDを観みて真似したり、CDの音に合わせながら
トレーニングするのが一般的でした。

 

ですが、一般的な発音教材の多くは、
説明がわかりずらかったり、
発音記号を見ても意味が理解できなかったり、
口の中で舌がどのような動きをしているのか、
わからないことがありました。

 

英会話スクールに通いネイティブの講師に
直接発音の指導をしてもらえば、
少しは上達できると思います。

 

でも時間とお金に余裕のない人は、
独学で発音の練習をされていることでしょう。

 

「Youtube」などで、
ネイティブの発音矯正動画を観て、
何度も繰り返し真似しても、
なかなか綺麗な発音にはなりませんよね。

 

独学で綺麗な発音を身に付けるのは、
本当に大変なことです。

 

特に日本人は英語の発音が悪く、
ネイティブの発音を聞いても
全く聞き取れない人が多くいます。

 

一般的に学校の英語の授業では、
発音の練習などは行われていません。

 

日本の英語教育は、
試験に出る英語しか教えてくれません。

 

そのため、スピーキングや
リスニングが苦手な人が多いのです。

 

これでは日本人は何時まで経っても、
英語を話せるようにはならないでしょう。

 

英語は学校のテストや受験のためにあるのではなく、
人とコミニケーションするためのものです。

 

なので、話せないと意味がありません。

 

 

英語を話せるようになるためには、
発音が重要であることを知っている方は、
発音の勉強をされているでしょう。

 

多くの日本人が発音に悩まされていて、
どうやって学ぶのが効果的なのかと
思われているでしょう。

 

ネイティブスピークは、
そのような方に向けて開発されました。

 

ネイティブスピークは日本人のために作られた
正しい発音を矯正する英語教材になります。

 

ネイティブの口の中の動きがCG映像で再現されていて、
唇や口、舌などをどのように動かせば良いのかが、
目で確認しながら発音の練習をすることができます。

 

英語の発音に使われる母音16個と子音24個の
全ての音の口の中の動きをCG映像で確認できます。

 

【CG映像のサンプル】

※画面をクリックすると再生されます。
※音量にご注意下さい。

 

上記の動画を観て頂くとわかるのですが、
舌を何番に付けてどのような音を出せばいいのか、
口はどのように動かせばいいのかなど、
音声によって解説されているので、
とてもわかりやすいです。

 

正面と横から見た口の形も確認できますので、
外から見た口の動きもハッキリとわかります。

 

また、解説の後にはネイティブが実際に発音して、
お手本を見せてくれます。

 

最後に学習した発音が出てくる単語や
短い英文が出てきて実践練習ができます。

 

ネイティブスピークは、
正しい発音を習得するために必要な
口の開け方」、「舌の動かし方」、
声の出し方」を時間をかけずに
CG映像で学ぶことができます。

 

テキストのイラストと文章を見ながら、
発音練習するといった面倒な学習は不要です。

 

私が知る限りこれほどわかりやすく
CG映像で発音を解説した教材は他にありません。

 

ちなみに、現在、このCG映像は特許出願済のため、
類似教材の開発・販売は禁止されています。

 

※出願番号:特願2012−210709

 

そして、特許権が取得されると、
ネイティブスピーク以外に
このCG映像の使用ができなくなります。

 

つまり、世界で唯一の発音教材になります。

 

また、ネイティブスピークが他の発音教材と違うのは、
発音矯正の第一人者であるスコットペリー氏によって
監修されているところです。

 

 

スコットペリー氏は25年以上も
日本語と英語の発音の違いを研究されています。

 

そして、これまで多くの日本人に発音の指導をされ、
ネイティブのような綺麗な発音に矯正されています。

 

また、スコットペリー氏はハリウッドでも有名な
発音矯正の世界的なスペシャリストです。

 

ハリウッド映画に出演している有名な日本人の俳優や
女優の英語の発音を多数指導されています。

 

これまで日本人の発音を指導した実績は2500人以上あり、
指導歴も15年以上あって信頼できる方です。

 

スコットペリー氏の詳しいプロフィールを知りたい場合は、
Wikipedia」をご覧ください。

 

スコットペリー氏が発音する時の
口の中の動きを詳しく調べたところ、
発音教材の中には母音の舌の位置を
間違えて掲載されているものもあるようです。

 

そのため、正しい英語の発音を学びたいなら、
ネイティブスピークで間違いないでしょう。

 

私は過去に代表的な以下の発音教材を買って、
毎日発音の練習をしていました。

 

英語のリスニングは発音力で決まる!
UDA式30音練習帳

 

著者:鵜田 豊

 

英語耳

 

著者:松澤喜好

 

成功英語発音の3ステップ」(DVD教材)

 

開発者:ジェームス・スキナー

 

最初は数千円程度で買える
発音の書籍で学習を始めました。

 

本を読んで発音の仕方を学んだ後、
CDの発音を聞いて練習するといった学習法です。

 

この学習法の最大のデメリットは、
ネイティブの口の動きが見れないことです。

 

実際の口の動きがわからないため、
正しく発音できているのかわかりません。

 

そのため、実際にネイティブが
発音しているところを見れるDVD教材を買いました。

 

ネイティブの口の動かし方や発音の仕方が、
目で見て確認することができます。

 

映像を見ながら発音のトレーニングができるので、
CDを聞くのに比べてわかりやすくなっています。

 

ですが、いくら口の動きが分かっても
正確な舌の位置が見えないので、
デメリットに感じました。

 

このような有名な発音教材を使ってみた結果、
発音が上達することはありませんでした。

 

そこで、最後にネイティブスピークを
試してみることにしました。

 

ネイティブスピーク

ネイティブスピークを買ってみた!

「ネイティブスピーク」の販売元は、
(株)チカラインターナショナルという会社です。

 

この会社は主に英語教材の販売と
留学代理店をしています。

 

「リスニングパワー」、「Hapaトラベル英会話」など、
数々の人気な英語教材を制作・販売しています。

 

この会社の代表は横田力さんという方です。

 


(※出典:(株)チカラインターナショナルの公式サイト)

 

横田力さんは海外留学の経験があり、
英語も堪能です。

 

「ネイティブスピーク」の公式サイトにある
動画にも出演されていてネイティブの方と
流暢な英語で会話をされています。

 

アメリカ、カナダ、オーストラリアなど、
6年以上も海外経験もあり、その経験を活かして
英語教材を販売する会社を立ち上げました。

 

今回、この会社の英語教材を買うのは初めてでした。

 

「ネイティブスピーク」を買う前に
ネットでレビューや口コミを調べたのですが、
評判は悪くなかったので買うことにしました。

 

注文してから2日で商品が届きました。

 

 

 

 

教材の内容は以下の通りです。

 

<本編>

 

・解説テキスト1冊(A5版94ページ)

 

※公式ページには25ページとありますが、
私が買った時は94ページに増えていました。

 

・DVD2枚

 

DVD1の収録時間:67分32秒

 

DVD2の収録時間:53分16秒

 

<特典>

 

CD1枚

 

CDの収録時間:1時間4分(全トラック42)

 

では、教材の詳細について説明しますね。

 

■ネイティブスピークDVD1の内容

 

 

はじめに

 

・ケイトリン先生からの挨拶

 

・DVDの使い方

 

・発音する時のポイント

 

・語尾を伸ばす

 

1.アルファベット

 

・基本
・ゆっくりハッキリ
・語尾を伸ばす

 

2.母音(16音)

 

・フォニックス
・単語発音
・英文

 

3.子音(24音)

 

・フォニックス
・単語発音
・英文

 

■ネイティブスピークDVD2の内容

 

1.リエゾン(39項目)

 

・フレーズ
・英文

 

2.スピーチ(日本語字幕/英語字幕)

 

・自己紹介
・アメリカ式ボイストレーニング その1
・アメリカ式ボイストレーニング その2

 

■ネイティブスピーク解説テキストの内容

 

テキストにはDVDの使い方と内容が、
一通り説明されています。

 

この教材のメインはDVDなので、
発音トレーニングする時は必要ありません。

 

ちなみに、テキストはカラーではなくモノクロです。

 

■ネイティブスピークCDの内容

 

CDにはDVDの発音トレーニングが
全て収録されています。

 

外出先で発音練習する時に使うために
付属されています。

 

ネイティブスピークDVD1で学べる事

 

ネイティブスピークのDVDに出演されている講師は、
ケイトリン・ケリーさんという若い女性です。

 

 

彼女は女優やナレーター、ボイストレーナーとしても
活躍しているアメリカ人です。

 

なので、「ネイティブスピーク」は、
アメリカ英語の発音を習得するための教材です。

 

1.アルファベットの正しい発音の仕方

 

最初に発音の基本である
アルファベットの発音を学びます。

 

初歩的過ぎる内容だと
思われる方もいるかも知れませんが、
意外と間違った発音をしている方も多くいます。

 

アルファベットには英語の発音に必要な音が
ほぼ全て含まれています。

 

アルファベットの発音を完璧にマスターしないと、
綺麗な発音にはなりません。

 

なので、アルファベットの発音を
しっかり学習しましょう。

 

2.母音の正しい発音の仕方

 

英語には全部で16個の母音があります。

 

ですが、日本語には「あ、い、う、え、お」の
たった5個の母音しかありません。

 

つまり、英語の11個の母音は、
日本語にはありません。

 

そのため、日本語にない母音を聞くと、
脳がカタカナの似た音に変換します。

 

そのため、英語の発音が、
正確に聞き取れなくなります。

 

通常、日本人が「A」を発音する時、
「ア」や「エー」となりますが、
ネイティブは「ア」と発音する時に
複数の発音を使い分けます。

 

例えば、次のような感じです。

 

・口を大きく開けて喉から発音する「アー」。

 

例:father

 

・口を半開きにして喉から発音する「ア」。

 

例:top

 

・口をあまり開けずに短く発音する「アッ」。

 

例:cup

 

このように同じ「ア」という発音にしても
複数の音を使い分けています。

 

ですが、日本人には全て同じ「ア」と聞こえます。

 

その問題を解決するために
フォニックス(Phonics)を学びます。

 

フォニックスとは文字と音の関係の規則を学ぶことで、
正しく発音できるようになる学習法です。

 

英語圏の幼稚園や小学校などの英語学習で、
広く使われています。

 

フォニックスを習得すると初めて見る単語でも
推測して正しく発音することができます。

 

また、発音がネイティブのように綺麗になります。

 

例えば、フォニックスには、
「サイレントE」という規則があります。

 

単語の語尾にあって発音しない「E」のことを
「サイレントE」と呼びます。

 

例えば、日本人は「cake」を
「ケーキ」と発音しますよね。

 

でも、ネイティブは「クエイク」と発音します。

 

※日本語にはない発音なので、
カタカナ表記とは多少発音の仕方が異なります。

 

「cake」の最後の「e」は発音しません。

 

余分な母音をつけて発音しないため、
英語の発音がよくなります。

 

ネイティブスピークには発音記号も出てきます。

 

 

ですが、発音記号を暗記する必要はありません。

 

なんとなく見ておく程度で、
覚えなくても問題はありません。

 

何故なら、正しい発音ができるようになれば、
発音記号を見なくても聞くだけで、
どの発音か分かるようになるからです。

 

3.子音の正しい発音の仕方

 

英語には24個の子音があります。

 

子音に関しても16個の子音は、
日本語にありません。

 

例えば、「L」、「R」、「TH」 、
「V」といった子音はありません。

 

また、子音には声に出す有声音と
息だけ出す無声音がありますが、
これらも学ぶことができます。

 

ネイティブスピークDVD2で学べる事

 

1.リエゾン

 

 

ネイティブスピークでは発音だけではなく、
「リエゾン(liaison)」も学べます。

 

リエゾンとはフランス語で
「連携」や「連絡」を意味する言葉です。

 

ちなみに、英語圏では、
「リンキング(linking)」と呼ばれます。

 

簡単に言えば英語の音の変化になります。

 

例えば、「check it out」という発音は、
「チェック イット アウト」ではなく、
「チェケラウッ」と発音します。

 

この音の連結や塊をリエゾンと呼びます。

 

リエゾンを知らないと頭の中で想像している発音と
大きなズレが生まれるため英語が聞き取れなくなります。

 

ネイティブの英語が聞き取れない
大きな原因の一つです。

 

当然ですが、聞き取れない英語は
理解できませんし、話すこともできません。

 

ネイティブは単語と単語を
繋げて話す癖があります。

 

なので、リエゾンに慣れない日本人は、
英語を聞き取ることができません。

 

リエゾンを知っているだけで、
英語の発音が聞き取りやすくなります。

 

また、リエゾンをマスターすると、
滑らかで途切れない英語の発音が身に付き、
楽に発音できるようになります。

 

「Get it」を「ゲット イット」と言うより、
「ゲレッ」といった方が言いやすくないですか?

 

リエゾンは学校の授業では教えてくれないので、
知らない人が多いと思います。

 

この教材では日常英会話でよく使う
39種類のリエゾンが例文付きで解説されています。

 

リエゾンは「ゆっくり発音」→「リエゾンで発音」→
「英文で確認」という順番でわかりやすく解説されています。

 

まずは、39種類のリエゾンを
マスターすることから始めてみるといいでしょう。

 

リエゾンの練習をすることで、スピーキング力と
ヒアリング力が大幅にアップします。

 

2.スピーチ

 

英語のスピーチで口の動きをマスターします。

 

ケイトリン先生の自己紹介のスピーチを聞きながら、
ネイティブの方が英語を話す時の
口の動きを確認しながら真似をします。

 

英語には日本語の発音にない口の形があります。

 

そのため、正確な口の形をしないと
出せない音があります。

 

口の形を確認しながら、
話す練習をすることは大切です。

 

3.ボイストレーニング

 

 

日本語は口の周りだけで発音しますが、
英語は喉から音を出したり、
腹式呼吸を使って発音します。

 

英語はお腹から声を出すので、呼吸の仕方や
息の吸い方などが日本語とは全く違います。

 

また、日本人と違ってネイティブは
体全体を使って英語を話しています。

 

日本人は話す時にほとんど体を動かしません。

 

でも、ネイティブが話す時は手や肩を動かして、
ジェスチャーを良く使います。

 

ネイティブにとって話す時にジェスチャーを使うのは、
当たり前で普通のことです。

 

話をせずにジェスチャーだけで、
コミュニケーションを取る時もあります。

 

 

英語圏の子供たちは大人がジェスチャーを使って、
言語の発達を促すと言われています。

 

また、子供がジェスチャーを学ぶことで、
コミュニケーションが取りやすくなります。

 

ジェスチャーには語彙を豊かにしたり、
相手の伝えたいことを理解したり、
聞き手の能力を高める効果があることが、
言語心理学によって証明されています。

 

ネイティブのジェスチャーを真似することで、
自然な英語を話すことができるようになります。

 

また、身振り手振りを使って話すことで、
ネイティブぽっくなります。

 

ボイストレーニングでは、
英語の正しい発音をするための呼吸器の鍛え方、
表情筋の鍛え方、腹筋の鍛え方、息使いの仕方、
発音に欠かせないストレッチ法などを学べます。

 

日本人の英語が通じないのは発音が悪いだけでなく、
発声の悪さにも原因があります。

 

完璧に発音していても声が小さかったり、
無表情だと相手に伝わりににくくなります。

 

ネイティブが話す時の顔の表情を観察ると、
眉や頬の筋肉が良く動いていることがわかります。

 

発声を鍛えることで英語らしさがアップします。

 

発音練習だけでなくボイストレーニングもすることで、
さらにネイティブに近いスピーキング力が付きます。

 

ネイティブスピーク

このページのトップへ戻る